コラム:相続法制の改正その3-40年ぶり「相続法制改正」の意義

京都 右京区西院 司法書士/行政書士/社会保険労務士 あおば綜合法務事務所

コラム

2018年 8月 31日

相続法制の改正その3-40年ぶり「相続法制改正」の意義

先般成立した相続に関する民法等の改正に関する記事(論説)です。

この中で寄稿した大学教授が、家族、とくに"夫婦"(パートナー)というもののあり方について多様化がさけばれる昨今にあって、男女間に限られる法律上の夫婦(婚姻制度)の意義について述べられています。

あおば綜合法務事務所では相続や遺言について、皆様のお手伝いやご相談を常時受け付けております。 お気軽にお問い合わせください。

過去のコラム