相続・遺言に関するご相談 (京都 右京区西院 あおば綜合法務事務所)

京都 右京区西院 司法書士/行政書士/社会保険労務士 あおば綜合法務事務所

相続・遺言に関するご相談

遺言書について

「遺言書」について、どのようにお考えでしょうか?

  • 「たいして財産があるわけではないし」
  • 「家族がもめることはないだろう」
  • 「なんだか縁起が悪い」

など

このような理由で遺言書をのこす必要がないと考る方が多くいらっしゃいます。

遺言書とは、遺言者の死亡時に効力を生じる、まさに「最終の意思」というべきものです。

遺言書により意思を明確に遺しておくことで、相続の手続きがスムーズにすすみます。
また遺言書には、遺されたご家族に必要な財産がただしく行き渡ることになり、争いごとを未然に防ぐ効果があります。

特に以下のようなケースに該当する方には、遺言をのこされることをお勧めしています。

  • 相続人となるべきものがいない
  • 相続人となるべきものと長年疎遠だ
  • 生前お世話になった方(相続人ではない)に財産を分けたい
  • 前妻(夫)との間にも子どもがいる
  • 財産の具体的な配分を自分で決めたい

など

当事務所専門の司法書士が親身になってサポートいたしますので、
遺言の必要はないだろうとお考えの方には、遺言について、また遺されるご家族様のことについてお考えになってみませんか?

遺言書作成は専門の司法書士へのご相談をお勧めします

遺言書は法律で定められた通りの方法で作成しないと有効とはなりません。

また、記載内容があいまいだったりした場合も意思が正しく伝わらないことになってしまいます。

せっかくのこされた遺言書も無効と判断されてしまったり、意思が正しく伝わらないのではせっかくの効力も半減してしまいます。

ですので、遺言書作成をお考えの際は専門の司法書士へご相談なされることをお勧めいたします。