相続についてのご相談 (京都 右京区西院 あおば綜合法務事務所)

京都 右京区西院 司法書士/行政書士/社会保険労務士 あおば綜合法務事務所

相続・遺言に関するご相談

  1. トップ
  2. 相続・遺言のご相談:相続
  3. 相続について

相続とは

相続とは、法的に言うと,被相続人が死亡した場合に,その被相続人の権利義務を相続人に包括的に承継させる制度のことをいいます。

簡単に言うと、ある人の死亡をきっかけに、亡くなった方の財産を、親族あるいは一定の関係にある人に承継させる制度ということです。
つまり、相続によって、被相続人の財産や地位がすべて相続人に引き継がれるということです。
しかし、財産の中には、プラスの財産(資産、不動産など)だけでなく,マイナスの財産(借金や負債など)も含まれており、正しい手続きをとらなければ、強制的に借金を相続することになる可能性もあります。

それでは、相続の手続きを進めるにあたって、どのようなことに注意する必要があるでしょうか。

相続において押さえておくポイント

相続の手続きを進めるにあたっては、まず以下の点を明らかにする必要があります。

  • 相続人は誰か?

 相続する財産を誰が受け継ぐのかを明確にしておくことは非常に重要です。
  相続人と相続分について

  • 相続される権利・義務には何があるのか?

 プラスの財産、マイナスとなる財産はあるのか?
 また財産になるもの、ならないものなど、正確に理解しておく必要があります。
  相続財産について

  • 分配の割合はどうするのか?

 相続人、相続する財産が明確になったら、次は遺産の分配割合を決める必要があります。
  相続人と相続分について

  • 相続税について

 税金のことも忘れてはいけません。受け継いだ財産によっては思いがけない税金を課せられることもあります。