障害年金をもらうための条件(障害年金のご相談) (京都 右京区西院 あおば綜合法務事務所)

京都 右京区西院 司法書士/行政書士/社会保険労務士 あおば綜合法務事務所

障害年金に関するご相談

初診日要件

障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)において、

  • (a)国民年金または厚生年金の被保険者である
  • (b)国民年金の被保険者ではないが、国民年金に加入したことがあり日本国内に住所がある60歳以上65歳未満であった(障害基礎年金のみ)

のいずれかに該当しなければなりません。

障害厚生年金を受給するためには、必ず、初診日に厚生年金被保険者でなければなりません。

障害認定日要件

障害認定日に、障害等級(1級~3級。ただし、障害基礎年金を受給するためには1級または2級)に該当する程度の障害の状態になければなりません。

障害認定日とは、

  • (a)初診日から1年6か月が経過した日
  • (b)初診日から1年6か月が経過するまでに病気やケガが治った(症状固定を含みます)日

のいずれかを指します。

障害認定日要件の例外:事後重症

障害認定日には障害等級に該当しない状態であっても、その後障害の程度が重くなり、65歳に達する日の前日(誕生日の前々日)までに障害等級に該当した場合には要件を満たしたこととされます。

なお、この場合の障害年金は、65歳に達する日の前日(誕生日の前々日)までに裁定請求しなければなりません。

障害認定日要件の例外:はじめて2級

障害等級1級または2級のいずれにも該当しない程度の障害の状態にある方が、その後別の傷病(基準傷病)にかかり、基準傷病についての障害認定日以降65歳に達する日の前日(誕生日の前々日)までの間に、基準傷病を原因とする障害と当初の障害とを併合した障害の状態が初めて障害等級1級または2級に該当したときに要件を満たしたこととされます。

なお、この場合の障害年金は、基準傷病について、初診日要件および保険料納付要件を満たさなければなりません。

また、基準傷病の初診日は、基準傷病以外の傷病の初診日以降でなければなりません。

保険料納付要件

初診日の前日において、初診日の月の前々月までに国民年金の被保険者期間がある場合には、

  • (a)初診日の月の前々月までの国民年金被保険者期間の3分の2以上の期間について、保険料が納付または免除されている
  • (b)初診日が平成38年4月1日前にあり、初診日において65歳未満であり、初診日の月の前々月までの1年間に保険料の未納がない

のいずれかを満たさなければなりません。

20歳前傷病による障害基礎年金

初診日に国民年金の被保険者ではないが20歳未満であった方については、次のいずれかの日に、障害等級1級または2級に該当する程度の障害の状態にあれば要件を満たしたこととされます。

  • (a)障害認定日以降に20歳に達したときは20歳に達した日(誕生日の前日)、障害認定日前に20歳に達したときは障害認定日
  • (b)(a)の日後65歳に達する日の前日(誕生日の前々日)までの間

初診日要件、保険料納付要件は問われません。

なお(b)による場合は、65歳に達する日の前日(誕生日の前々日)までに裁定請求しなければなりません。

この要件で受給できるのは、障害基礎年金のみです。