障害手当金のご相談(障害年金) (京都 右京区西院 あおば綜合法務事務所)

京都 右京区西院 司法書士/行政書士/社会保険労務士 あおば綜合法務事務所

障害年金に関するご相談

障害手当金

傷病が治ったあと、障害等級3級よりも軽度の障害が残ったときは、一時金として障害手当金が支給されます。

障害手当金が支給されるためには、次の要件をすべて満たさなければなりません。

  • (a)初診日に厚生年金被保険者であった
  • (b)初診日から起算して5年を経過する日までの間に傷病が治った
  • (c)傷病が治った日に、障害等級3級よりも軽度の一定の障害の状態に該当
  • (d)保険料納付要件を満たす

ただし、上記要件を満たす場合でも、次のいずれかに該当する方には、障害手当金は支給されません。

  • (a)厚生年金の年金給付の受給権者(最後に障害状態(3級)に該当しなくなつた日から起算して障害状態に該当することなく3年を経過した障害厚生年金の受給権者であって現に障害の状態に該当しない方は除く)
  • (b)国民年金の年金給付の受給権者(最後に障害状態(3級)に該当しなくなつた日から起算して障害状態に該当することなく3年を経過した障害厚生年金の受給権者であって現に障害の状態に該当しない方は除く)
  • (c)同一の傷病について、労災保険などの障害を支給事由とする給付を受ける権利を有している